Tag

第七百四十三夜

第七百四十三夜    夕食後にひと暴れして眠り込んでしまった息子を布団… Continue Reading →

第七百十四夜

第七百十四夜   夕食前には戻るからと姉がぞんざいに、宜しくお願いしま… Continue Reading →

第六百四十三夜

第六百四十三夜   学校から、近所に刃物を持った不審者が現れたとの連絡… Continue Reading →

第六百二十六夜

第六百二十六夜   草木も眠る丑三つ刻というのも今夜ばかりは例外で、疫… Continue Reading →

第五百五十四夜

第五百五十四夜   憂鬱な月曜の朝の事務所にて、珈琲を淹れて席に戻ると… Continue Reading →

第五百十二夜

第五百十二夜   吊り革に体重を掛けながら電車に揺られていると、妻から… Continue Reading →

第五百八夜

第五百八夜   秋の陽は釣瓶落としとはよく言ったもので、夕焼けの残るう… Continue Reading →

第四百九十二夜

第四百九十二夜   深夜頃にはここらも暴風域に入ると聞いて風雨の酷くな… Continue Reading →

第四百七十三夜

第四百七十三夜   知り合いの勤める中古車販売店へ、手頃な車がないかと… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑