Author 橘 偲

第七百四十六夜

第七百四十六夜    学年末試験まで一週間となった放課後、美術準備室へ… Continue Reading →

第七百四十五夜

第七百四十五夜    一つ小さな仕事を片付けてフロントへ戻ると、上司が… Continue Reading →

第七百四十四夜

第七百四十四夜    夕食を終えて皿洗いをしていると、妹の部屋からドス… Continue Reading →

第七百四十三夜

第七百四十三夜    夕食後にひと暴れして眠り込んでしまった息子を布団… Continue Reading →

第七百四十二夜

第七百四十二夜    連休明け、同僚が何やら浮かぬ顔をしてやってきた。… Continue Reading →

第七百四十一夜

第七百四十一夜    昼休みに外食から戻ってきた同僚が、小さな香水の瓶… Continue Reading →

第七百四十夜

第七百四十夜    午後九時を少し過ぎた頃、日課のジョギングで線路沿い… Continue Reading →

第七百三十九夜

第七百三十九夜    昼食から戻って用を足し、ハンド・タオルで手を拭い… Continue Reading →

第七百三十八夜

第七百三十八夜    冬至を少し過ぎて帰省した際、最寄り駅のロータリで… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑