Tag ノンセクション

第七百四十二夜

第七百四十二夜    連休明け、同僚が何やら浮かぬ顔をしてやってきた。… Continue Reading →

第七百四十一夜

第七百四十一夜    昼休みに外食から戻ってきた同僚が、小さな香水の瓶… Continue Reading →

第七百三十七夜

第七百三十七夜    午前中で簡単なホーム・ルームを終えて帰宅しようと… Continue Reading →

第七百三十四夜

第七百三十四夜    就業時間を終えて特に残業もなく、身支度を終えたも… Continue Reading →

第七百三十三夜

第七百三十三夜    目が醒めて枕元の目覚まし時計を確かめると、既に十… Continue Reading →

第七百三十夜

第七百三十夜    実家に着いて玄関に荷物を置くなり、買い出しに出る車… Continue Reading →

第七百二十七夜

第七百二十七夜    お客様のお部屋から内線が入ったとフロントから呼ば… Continue Reading →

第七百二十六夜

第七百二十六夜    バックヤードで事務仕事をしているところへシフト前… Continue Reading →

第七百二十五夜

第七百二十五夜    昼休みの少し前、仕出し弁当屋の軽自動車が駐車場に… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑