Tag ナンセンス

第七百四十一夜

第七百四十一夜    昼休みに外食から戻ってきた同僚が、小さな香水の瓶… Continue Reading →

第七百三十三夜

第七百三十三夜    目が醒めて枕元の目覚まし時計を確かめると、既に十… Continue Reading →

第七百二十八夜

第七百二十八夜    息子の通う保育園が冬休みの直前に、クリスマス会を… Continue Reading →

第七百七夜

第七百七夜   息子の初めての運動会、ハンディ・カムを持って妻と近所の… Continue Reading →

第七百五夜

第七百五夜   撮れない写真 バイトの休憩時間になり、トイレへ立ち寄っ… Continue Reading →

第六百九十九夜

第六百九十九夜   電車を降り、改札を出ると駅前のアスファルトが湿って… Continue Reading →

第六百九十五夜

第六百九十五夜   暦の上では秋ながらまだまだ猛暑日の続く早朝、まだ気… Continue Reading →

第六百九十一夜

第六百九十一夜   駅前の大きな公園で花火がしたいという子供達の付き添… Continue Reading →

第六百九十夜

第六百九十夜   明日から三日遅れの盆休みとなる仕事帰り、向こう数日分… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑