Tag 第四十一夜〜第五十夜

第四十一夜から第五十夜までの記事用タグ。

第五十夜

第五十夜 屋根を叩く雨音が消え、雨の切れ間を盗んで近所のコンビニエンス・ストアへ… Continue Reading →

第四十九夜

第四十九夜 ピィーヨ、ピィーヨと音がして、はっと目が覚めた。二階の出窓で日向ぼっ… Continue Reading →

第四十八夜

第四十八夜 「そろそろお前たちも大きくなった」 「ええ、もう翼の大きさは一人前ね… Continue Reading →

第四十七夜

第四十夜 用水路でカワニナを集めていると、下流の方から腰の曲がった白髪の老爺がや… Continue Reading →

第四十六夜

第四十六夜 西の空に半月の沈みかける頃になって漸く一仕事を終え、社用車を駐めたコ… Continue Reading →

第四十五夜

第四十五夜 事務所で机に向かいカタカタとキィ・ボードを打っていると、「こんにちは… Continue Reading →

第四十四夜

第四十四夜 暗い山道をハイビームで照らしながら車を走らせる。 席がお開きになって… Continue Reading →

第四十三夜

第四十三夜 柿の木の葉が茂ってきた。面倒ではあるが毎年のこと、仕方がなく重い腰を… Continue Reading →

第四十二夜

第四十二夜 散歩に出たはいいものの、五月の湿った空気に強い陽光が加わって蒸し暑い… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑