Tag 第二十一夜〜第三十夜

第二十一夜から第三十夜までの記事用タグ。

第三十夜

第三十夜 事務所で机に向かいカタカタとキィ・ボードを打っていると、「こんにちはー… Continue Reading →

第二十九夜

第二十九夜 寝付かれずに布団の上で身を捩る。何とは無しに目を開けると、何が光源に… Continue Reading →

第二十八夜

第二十八夜 職場の入ったビル一階のエレベータ・ホール。上層階直通のこのエレベータ… Continue Reading →

第二十七夜

第二十七夜 指に巻いた縄を肩に担ぎ、満月の低く昇る山道を登る。酒屋の主人と酒代を… Continue Reading →

第二十六夜

第二十六夜 「かあいそう」 春めいて柔らかい日差しの下に甲高く舌足らずの声が響い… Continue Reading →

第二十五夜

第二十五夜 給食を食べながら、一体どんな話の運びだったか、放課後に教室へ集まって… Continue Reading →

第二十四夜

第二十四夜 眼鏡が無い。 チタン製で軽く頑丈であるということの他に何の取り柄もな… Continue Reading →

第二十三夜

第二十三夜 引っ越しの初日、粗方の荷解きを終えて風呂に入った。目を閉じて洗髪をし… Continue Reading →

第二十二夜

第二十二夜 「お客人、お客人」 と涼しくも艶のある声に呼ばれて辺りを見回す。背後… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑