Tag 神社

第七百四十二夜

第七百四十二夜    連休明け、同僚が何やら浮かぬ顔をしてやってきた。… Continue Reading →

第七百二十二夜

第七百二十二夜    電話が鳴って、夕飯の支度に掛かっていた手を止めた… Continue Reading →

第七百十五夜

第七百十五夜   大風の後片付けに男手が欲しいと実家に請われ、祝日前の… Continue Reading →

第六百八十四夜

第六百八十四夜   焚き火で沸かした湯で珈琲を淹れながら同じ湯で濡らし… Continue Reading →

第六百六十九夜

第六百六十九夜   午前中に一仕事を終えると、取引先の偉い人に昼食をご… Continue Reading →

第六百三十夜

第六百三十夜   放課後、体操服に着替えて校庭へ出ると、暫く部活を休ん… Continue Reading →

第五百八十七夜

第五百夜八十七   いつもの時間に家を出ていつものように息子の手を引い… Continue Reading →

第五百五夜

第五百五夜   隣の盆地へ呼ばれた仕事の帰り、黄昏時の山中を車で走って… Continue Reading →

第四百二十六夜

第四百二十六夜   一月も下旬になり、入試まであと僅かとなったある日、… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑