第百六十六夜

 

日照り続きで水嵩の減った川の流れは緩く、川面はいつもに増して滑らかに入道雲を映している。

その空に円い波紋が音もなく生まれ、川の流れに間延びして広がる。

アメンボだ。

群れとはぐれでもしたか、一匹のアメンボが数秒に一度、上流に向かって水面を蹴って波紋を作る。波紋は水に流されて下流に向かって歪んで広がり、空と入道雲とを揺らす。

ぽっかりと、空に大きな穴が空いて、アメンボウを飲み込む。

鯉だ。

狩りの結果に満足したのか、鯉はゆっくりと尾鰭をくねらせて入道雲の向こうへと沈んでゆく。

川面はいっそう滑らかに入道雲を映すようになった。

そんな夢を見た。