Tag 第七十一夜〜第八十夜

第七十一夜から第八十夜までの記事用タグ。

第八十夜

第八十夜   深夜の自動改札を抜けて階段を昇ると、まるで人気の無いホー… Continue Reading →

第七十九夜

第七十九夜   遂にこの日が来たのだ。 檻の中のマウスの背中を見た私は… Continue Reading →

第七十八夜

第七十八夜   強くはない酒を無理に呑み、終電でようやく帰宅した。これ… Continue Reading →

第七十七夜

第七十七夜   柿や栗といった秋の味覚と引き換えに山の手入れを手伝って… Continue Reading →

第七十六夜

第七十六夜   「いやね、働いてる身としてはサ、実際ただの職場だから」… Continue Reading →

第七十五夜

第七十五夜   旅先の山中に人気のない神社を見付け参拝を済ませると、奥… Continue Reading →

第七十四夜

第七十一夜   トレイに載せたグラス二つを窓際の少女達へ運ぶと、 「ね… Continue Reading →

第七十三夜

第七十一夜   トイレに入ると個室の扉が三つ並んでいる。人はいない。が… Continue Reading →

第七十二夜

第七十二夜   大学の夏休みは長過ぎる。そんな時間を持て余した学生達が… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑