Tag 第三百五十一夜〜第三百六十夜

第三百五十一夜から第三百六十夜までの記事用タグ。

第三百六十夜

第三百六十夜   週三日、午前中のみと午後からのみの変則的な登校が始ま… Continue Reading →

第三百五十九夜

第三百五十九夜   約束の時間までにどうにか部屋を片付け終えてお茶の用… Continue Reading →

第三百五十八夜

第三百五十八夜   就職先で非常事態宣言が終了し、友人宅へ集まって久し… Continue Reading →

第三百五十七夜

第三百五十七夜   友人の経営する山の中のペンションに着くと直ぐ、彼の… Continue Reading →

第三百五十六夜

第三百五十六夜   テレ・ワークの要請を受け、ウチの部署では責任者以外… Continue Reading →

第三百五十五夜

第三百五十五夜   梅雨らしく判然としない昼下がりの空の下、明日か明後… Continue Reading →

第三百五十四夜

第三百五十四夜   五時を知らせる地域放送の『遠き山に日は落ちて』から… Continue Reading →

第三百五十三夜

第三百五十三夜   連休が明けて、地元の不動産屋から連絡が入った。二人… Continue Reading →

第三百五十二夜

第三百五十二夜   外出自粛要請を受けて間もなく私が在宅勤務をすること… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑