Tag 第百十一夜〜第百二十夜

第百十一夜から第百二十夜までの記事用タグ。

第百二十夜

第百二十夜   送別会を終えて最終電車の無くなった部下の二人を下ろすと… Continue Reading →

第百十九夜

第百十九夜   向こう一週間の食料の詰まった買い物袋を両手に提げ、近所… Continue Reading →

第百十八夜

第百十八夜   白地に金の装飾が施された平たい化粧箱を抱えて居間に戻る… Continue Reading →

第百十七夜

第百十七夜   昼食を終えてデスクに戻り、午後の始業まで目を休めようと… Continue Reading →

第百十六夜

第百十六夜   何年か振りに、この地域にしては大雪と呼べるような雪の降… Continue Reading →

第百十五夜

第百十五夜   スキー旅行に来た夜のことである。日暮れからひどく吹雪い… Continue Reading →

第百十四夜

第百十四夜   ハイキングに出掛けて見付けた山小屋風の喫茶店で、静かに… Continue Reading →

第百十三夜

第百十三夜   荷物を網棚に載せ、吊革を両手で握って目を閉じている。石… Continue Reading →

第百十二夜

第百十二夜   積まれた雪の融け残る住宅街の夜道を歩いていると、 「す… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑