Tag

第五百九十夜

第五百九十夜   自然に囲まれた山の中の祖父母の家での生活も、夏休みが… Continue Reading →

第四百八十三夜

第四百八十三夜   「お近付きのしるしにと思いまして、ご迷惑でなければ… Continue Reading →

第四百四十八夜

第四百四十八夜   緊急事態宣言が解け、久し振りに社会人サークルの仲間… Continue Reading →

第三百八十一夜

第三百八十一夜   一人暮らしの一週間分の食料の買い出しに街へ行った帰… Continue Reading →

第三百六十八夜

第三百六十八夜   珈琲を淹れ終えて席へ戻り弁当を広げていると、今年の… Continue Reading →

第九十二夜

第九十二夜   川へ釣り糸でも垂らそうかと思い立ち、始発から電車を乗り… Continue Reading →

第五十九夜

第五十九夜 ある山奥の神社へ用があり、朝から汽車を乗り継いで最寄りの駅に付いたと… Continue Reading →

第五十八夜

第五十八夜 路線バスを降りると、空梅雨のお天道さまがじりじりと肌を焼く。帰りのバ… Continue Reading →

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑