Tag ブラックユーモア

第七百三十七夜

第七百三十七夜    午前中で簡単なホーム・ルームを終えて帰宅しようと… Continue Reading →

第七百五夜

第七百五夜   撮れない写真 バイトの休憩時間になり、トイレへ立ち寄っ… Continue Reading →

第六百九十一夜

第六百九十一夜   駅前の大きな公園で花火がしたいという子供達の付き添… Continue Reading →

第六百八十六夜

第六百八十六夜   大学時代の友人の結婚式にて、控室で久し振りに会った… Continue Reading →

第六百八十夜

第六百八十夜   うだるような夏の午後、いつも通り閑古鳥の鳴く店内でお… Continue Reading →

第六百四十四夜

第六百四十四夜   憂鬱な月曜の朝に目を覚まし、洗面台の前に身を屈めて… Continue Reading →

第五百六十四夜

第五百六十四夜   トレイに載せたカップ二つを窓際の少女達へ運ぶと、 … Continue Reading →

第五百六十二夜

第五百六十二夜   じゃあまた明日と皆と別れて裏口を出ると、花の金曜日… Continue Reading →

第五百五十九夜

第五百五十九夜   昼食のスパゲッティとレトルトのソースとを二つの鍋で… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑