Tag 第八十一夜〜第九十夜

第八十一夜から第九十夜までの記事用タグ。

第九十夜

第九十夜   先方の都合で残業がなかなか片付かず、仕方無しに軽い夕食を… Continue Reading →

第八十九夜

第八十九夜   パチリ、またパチリと硬い音が繰り返されるのが気になって… Continue Reading →

第八十八夜

第八十八夜   稲刈りを終えても、冬支度に追われる村の秋は忙しい。それ… Continue Reading →

第八十七夜

第八十七夜   友人の別荘をお暇して暗い山道を下っていると、頭の上で大… Continue Reading →

第八十六夜

第八十六夜   秋の夜道は街灯に照らされてなお足元が暗く、それでも重く… Continue Reading →

第八十五夜

第八十五夜   朝の列車というのは不思議な空間である。 一定の空間内に… Continue Reading →

第八十四夜

第八十一夜   いつもの公園のいつものベンチに腰を下ろし、冷凍食品を詰… Continue Reading →

第八十三夜

第八十三夜   終電を最寄り駅で降りると、疲れきった頭と身体は習慣に引… Continue Reading →

第八十二夜

第八十二夜   トルコ人の友人がケバブの屋台を手伝えと連絡をしてきたの… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑