Tag 第五十一夜〜第六十夜

第五十一夜から第六十夜までの記事用タグ。

第六十夜

第六十夜 ここ数週間、スマート・フォンの電池の減りが異様に早い。そろそろ寿命かと… Continue Reading →

第五十九夜

第五十九夜 ある山奥の神社へ用があり、朝から汽車を乗り継いで最寄りの駅に付いたと… Continue Reading →

第五十八夜

第五十八夜 路線バスを降りると、空梅雨のお天道さまがじりじりと肌を焼く。帰りのバ… Continue Reading →

第五十七夜

第五十夜 「お、そろそろだな」。 友人の声に壁掛け時計を見やると、十時半を三秒、… Continue Reading →

第五十六夜

第五十六夜 もう夜も半ばというのに相変わらず不快指数の高い空気の絡みつく中を、自… Continue Reading →

第五十五夜

第五十五夜 湯上がりの火照った肌を浴衣の生地が撫で、肌と生地との間に風が通るのが… Continue Reading →

第五十四夜

第五十四夜 もう今日は休もうかと考えていた深夜、台風一過で雨が止んだのを見てこれ… Continue Reading →

第五十三夜

第五十三夜 久方ぶりに雨が止んだので、縁の下から這い出て庭を抜けて散歩に出ようと… Continue Reading →

第五十二夜

第五十二夜 きれいに短く切りそろえられた白髪頭を掻きながら老爺は淋しげに笑う。 … Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑