Tag 第三十一夜〜第四十夜

第三十一夜から第四十夜までの記事用タグ。

第四十夜

第三十夜 窓を叩く雨音に気が付くと、キィ・ボードに手を乗せたまま舟を漕いでいた。… Continue Reading →

第三十九夜

第三十九夜 雨上がりの早朝、雨露を湛えた稲の葉が青々と輝く隙間を縫って走る畦道を… Continue Reading →

第三十八夜

第三十夜 安アパートの二階にある自室は五月晴れで蒸し暑く、なかなか寝付かれない。… Continue Reading →

第三十七夜

第三十七夜 窓を叩く雨音に気が付くと、キィ・ボードに手を乗せたまま舟を漕いでいた… Continue Reading →

第三十六夜

第三十六夜 間もなく列車が到着するとのアナウンスが聞こえ、ホームへ続く階段を急い… Continue Reading →

第三十五夜

第三十五夜 残業に区切りが付いた。鞄を肩に掛けて席を立ち、事務所を消灯して施錠す… Continue Reading →

第三十四夜

第三十四夜 革の小物入れのボタンが取れていた。親父の遺品の年代物で、革紐をボタン… Continue Reading →

第三十三夜

第三十三夜 目の前を蝿が飛ぶのが見えたので、舌を伸ばして捕らえて口へ運ぶ。シャリ… Continue Reading →

第三十二夜

第三十二夜 たまには手を抜こう。 そう思いながら机に向かい、日記帳を開いて万年筆… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑