Tag 第三百一夜〜第三百十夜

第三百一夜から第三百十夜までの記事用タグ。

第三百十夜

第三百十夜   トレイに載せたグラス二つを窓際の少女達へ運ぶと、 「ね… Continue Reading →

第三百九夜

第三百九夜   朝から電車に乗って適当な駅で降り、ぶらぶらと知らない街… Continue Reading →

第三百八夜

第三百八夜   アルバイトを頼んでいる子達のシフトの都合が上手く付かず… Continue Reading →

第三百七夜

第三百七夜   部活の朝練習を終えてジャージ姿で教室へ駆け込んだのは、… Continue Reading →

第三百六夜

第三百六夜   週に二度の買い出しのため、海風に車体を煽られながら軽自… Continue Reading →

第三百五夜

第三百五夜   気が付くと、青白い蛍光灯の光る白い部屋に仰向けに寝かさ… Continue Reading →

第三百四夜

第三百四夜   昼の休憩時間になって、同じ部署の数人で連れ立って近所の… Continue Reading →

第三百三夜

第三百三夜   疲れているのに目が冴えて眠れない。仕事の忙しい時期にな… Continue Reading →

第三百二夜

第三百二夜   給食を終え、窓辺の席でうとうとと舟を漕ぎながら日光浴を… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑