Tag 第二百八十一夜〜第二百九十夜

第二百八十一夜から第二百九十夜までの記事用タグ。

第二百九十夜

第二百九十夜   電車を降りると海風が強いのか、磯の香りが鼻を付く。こ… Continue Reading →

第二百八十九夜

第二百八十九夜   そろそろ日付が変わる頃合いに、レジスタをアルバイト… Continue Reading →

第二百八十八夜

第二百八十八夜   夕食に間に合うよう、陽の傾いた頃に友人と別れて帰路… Continue Reading →

第二百八十七夜

第二百八十七夜   友人の声に顔を上げ、本を閉じてベンチを立つ。雑貨屋… Continue Reading →

第二百八十六夜

第二百八十六夜   打ち合わせを終えて外に出ると、低い雲が垂れ込めて辺… Continue Reading →

第二百八十五夜

第二百八十五夜   ソファ・ベッドの前に置いた低いテーブルに酒とツマミ… Continue Reading →

第二百八十四夜

第二百八十四夜   やや肌寒く湿った空気は木々と土の香りがして心地よい… Continue Reading →

第二百八十三夜

第二百八十三夜   行きつけのスポーツ・バーのカウンタで、 「へぇ、気… Continue Reading →

第二百八十二夜

第二百八十二夜   夜勤明けの怠い身体をがら空きの下り電車に揺られてつ… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑