Tag 第二百三十一夜〜第二百四十夜

第二百三十一夜から第二百四十夜までの記事用タグ。

第二百四十夜

第二百四十夜   麗らかな春の午後、いつも通り閑古鳥の鳴く店内でココア… Continue Reading →

第二百三十九夜

第二百三十九夜   台所の背後にある扉を引き開けると、右手に鏡付きの洗… Continue Reading →

第二百三十八夜

第二百三十八夜   海沿いの友人宅で夕食を御馳走になり、酔いを覚まして… Continue Reading →

第二百三十七夜

第二百三十七夜   初めて乗った高級外車の座席は信じられぬほど柔らかく… Continue Reading →

第二百三十六夜

第二百三十六夜   郵便受けに掛けられた番号式南京錠と、その中の鍵を回… Continue Reading →

第二百三十五夜

第二百三十五夜   共働きの両親が東京へ戻った月曜の朝、独り母の実家に… Continue Reading →

第二百三十四夜

第二百三十四夜   患者の容態が安定し、ほっと胸を撫で下ろしてナース・… Continue Reading →

第二百三十三夜

第二百三十三夜   耳慣れない音に目を覚ますと、常夜灯の橙色の灯りに、… Continue Reading →

第二百三十二夜

第二百三十二夜   私の開けた後部座席のドアから乗り込むなり、 「運転… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑