Tag 第一夜〜第十夜

第一夜から第十話までの記事用タグ。

第十夜

第十夜 星明りの冴える星空の下を歩いていると、歩道の脇に街頭に照らされて、「頭」… Continue Reading →

第九夜

第九夜 つるりと艶のある赤茶色の鬼皮の先端、ほつれるようにささくれ立って尖った先… Continue Reading →

第八夜

第八夜 LEDの強い灯の下、ドラムの回る低い振動音を聞きながら、茶色いビニル張り… Continue Reading →

第七夜

第七夜 柳の木に背を預けて、ぼんやりと水面に糸を垂らしていると、 「どうですかい… Continue Reading →

第六夜

第六夜 大根の剣に大葉を敷いた上へ赤紫色の鰹の刺身を盛り付けた皿が、看板娘の白い… Continue Reading →

第五夜

第五夜 目の前に、一本の蝋燭が炎を掲げている。五寸ほどの、すらりと腰のくびれた蝋… Continue Reading →

第四夜

第四夜 電話が鳴った。瞼越しにも部屋の未だ暗いのが見える。目を閉じたまま枕元へ手… Continue Reading →

第三夜

第三夜 まだ肌寒い初春の午後である。陽溜まりに腰を下ろし、右膝を抱えるようにして… Continue Reading →

第二夜

第二夜 「ほら、見えてきましたよ」 強いくせ毛に彫りの深い赤ら顔の男が船首の向こ… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑