Tag 第百六十一夜〜第百七十夜

第百六十一夜から第百七十夜までの記事用タグ。

第百七十話

第百七十夜   今日は盆休みの初日だから、朝食後の珈琲を普段よりゆっく… Continue Reading →

第百六十九夜

第百六十九夜   社会人二年目、学生時代の友人達ともやや疎遠になったが… Continue Reading →

第百六十八夜

第百六十八夜   木枝に羽根を休めながら、辺りのクヌギの幹に集る甲虫達… Continue Reading →

第百六十七夜

第百六十七夜   行楽シーズを山で過ごそうという下心で応募してみたもの… Continue Reading →

第百六十六夜

第百六十六夜   日照り続きで水嵩の減った川の流れは緩く、川面はいつも… Continue Reading →

第百六十五夜

第百六十五夜   台風の接近で電車が止まったため、定時を回ると社内で小… Continue Reading →

第百六十四夜

第百六十四夜   社用車を走らせて夏の夕暮れの住宅街からの帰り道、もう… Continue Reading →

第百六十三夜

第百六十三夜   トレイに載せたグラス二つを窓際の少女達へ運ぶと、 「… Continue Reading →

第百六十二夜

第百六十二夜   濡れタオルを頭に載せながら昼食休憩を炎天下の公園でと… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑