Tag 第百五十一夜〜第百六十夜

第百五十一夜から第百六十夜までの記事用タグ。

第百六十夜

第百六十夜   朝食の片付けをしていると電話が鳴った。急ぎ手を拭いて番… Continue Reading →

第百五十九夜

第百五十九夜   客が出ていったのを見計らって押し入れから出、分厚い樫… Continue Reading →

第百五十八夜

第百五十八夜   アパートへ帰って扉を開けると、上がりかまちの上に前足… Continue Reading →

第百五十七夜

第百五十七夜   友人に誘われて、人里離れた山奥へ早朝から同僚が合計四… Continue Reading →

第百五十六夜

第百五十六夜   沢の脇の山道は、梅雨に入り色を濃くした木々の葉に覆わ… Continue Reading →

第百五十五夜

第百五十五夜   電話が鳴った。 温くなった珈琲を片手に、暫く呼び出し… Continue Reading →

第百五十四夜

第百五十四夜    パァン 梅雨空に似合わぬ乾いた破裂音が耳をしたたか… Continue Reading →

第百五十三夜

第百五十三夜   「この間、変なものを見ちゃってさ……」 と、半ば空い… Continue Reading →

第百五十二夜

第百五十一夜   午前中の外回りに区切りが付いて、どこかで昼食をと思い… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑