Tag 第百一夜〜第百十夜

第百一夜から第百十夜までの記事用タグ。

第百十夜

第百一夜   何やら嗅ぎ慣れぬ甘い香りに意識が覚醒した。目を開くより先… Continue Reading →

第百九夜

第百九夜   暖房の効いた始発の電車から、透き通った早朝の空気の中ヘ降… Continue Reading →

第百八夜

第百八夜   取引先と飲んだ酒がようやく抜け、夜道に車を出したときには… Continue Reading →

第百七夜

第百七夜   「どうする?」 という友人の声が冴えた堂に響き、破れた戸… Continue Reading →

第百六夜

第百六夜   正月呆けの抜けぬ身体にスーツを纏って家を出ると、早朝の凛… Continue Reading →

第百五夜

第百五夜   仕事柄、正月は掻き入れ時で休みとは縁が無い。その分、他の… Continue Reading →

第百四夜

第百四夜   忘年会の酒の残って重い頭と体とを無理に布団の外へ引きずり… Continue Reading →

第百三夜

第百三夜   後ろ手に施錠しながらハイ・ヒールを脱ぎ、灯もつけぬままベ… Continue Reading →

第百二夜

第百二夜   小さな商談のために、初対面の女性と駅前で待ち合わせをして… Continue Reading →

« Older posts

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑