Tag 珈琲の精

第百三十一夜

第百三十一夜   たまの休日に散歩へ出て、洒落た喫茶店を見付けた。北欧… Continue Reading →

第百五夜

第百五夜   仕事柄、正月は掻き入れ時で休みとは縁が無い。その分、他の… Continue Reading →

第七十八夜

第七十八夜   強くはない酒を無理に呑み、終電でようやく帰宅した。これ… Continue Reading →

第五十一夜

第五十一夜 雨が降らぬからいつまでも蒸し暑く、寝苦しい夜が続く。おまけに空調が故… Continue Reading →

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑