Tag

第四百七十四夜

第四百七十四夜   一学期末の定期試験を終えた午後の帰宅中、空に黒い雲… Continue Reading →

第四百四十夜

第四百四十夜   大きな浴槽にたっぷり張られた熱い湯に肩まで体を沈める… Continue Reading →

第三百三十一夜

第三百三十一夜   いつもの様に夕飯の買い物から帰って玄関の前へ自転車… Continue Reading →

第二百七十六夜

第二百七十六夜   炎天下、同僚達と昼食を摂って社屋へ戻ると、一人脇の… Continue Reading →

第九十四夜

第九十四夜   学生街のアパートへ、酒と肴の入ったビニル袋を提げて友人… Continue Reading →

第八十二夜

第八十二夜   トルコ人の友人がケバブの屋台を手伝えと連絡をしてきたの… Continue Reading →

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑