Tag 河童

第六百八十一夜

第六百八十一夜   夕立の気配のしてきた空を眺めながら家の中へ早く支度… Continue Reading →

第五百五十六夜

第五百五十六夜   季節外れの台風が直撃するとの予報が出て、今日は朝か… Continue Reading →

第二百七十二夜

第二百七十二夜   質の良いものが多少売れてしまうのは諦めて、陽が傾い… Continue Reading →

第二百六十二夜

第二百六十二夜   露天風呂を堪能して部屋へ戻る途中、すれ違った仲居に… Continue Reading →

第百五十六夜

第百五十六夜   沢の脇の山道は、梅雨に入り色を濃くした木々の葉に覆わ… Continue Reading →

第六十二夜

第六十二夜 沼の上に月が出ている。沼を渡る夜風は夏といっても爽やかで、岸の葦が吹… Continue Reading →

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑