Tag

第六百五十夜

第六百五十夜   小学校から帰宅した息子が開口一番、パトカーを見た、制… Continue Reading →

第四百五十一夜

第四百五十一夜   昼食を片付けている間に淹れた珈琲が未だ僅かに落ち切… Continue Reading →

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑