Tag 呪い

第六百六十夜

第六百六十夜   電車で訪れた取引先から、先方のご厚意で用意して頂いた… Continue Reading →

第三百八十夜

第三百八十夜   定時の巡回から帰るなり、 「いや、参った。汗だくだか… Continue Reading →

第三百三十八夜

第三百三十八夜   暇なバイト仲間で集まって酒を飲むことになった。暇と… Continue Reading →

第二百八十三夜

第二百八十三夜   行きつけのスポーツ・バーのカウンタで、 「へぇ、気… Continue Reading →

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑