Tag タクシー

第六百四十一夜

第六百四十一夜   夕方、祖父から連絡が来た。私の職場近くまで用が有っ… Continue Reading →

第六百三十五夜

第六百三十五夜   乾いた北風に吹かれながら今日も通学のため自転車を飛… Continue Reading →

第六百一夜

第六百一夜   都内や近郊の終電が無くなって程なく、稼働しているタクシ… Continue Reading →

第四百六十六夜

第四百六十六夜   御茶ノ水の病院からの帰途、橋から見下ろすホームに人… Continue Reading →

第四百三十五夜

第四百三十五夜   草木も眠る丑三つ刻、書類仕事を一通り片付け、週刊誌… Continue Reading →

第三百六十九夜

第三百六十九夜   「疫病騒ぎの中、こんな晩くまでお仕事で大変ですね」… Continue Reading →

第二百三十二夜

第二百三十二夜   私の開けた後部座席のドアから乗り込むなり、 「運転… Continue Reading →

第二百十六夜

第二百十六夜/h3>   排気ガスを浴びながら、深夜の街道沿いを… Continue Reading →

© 2016-2024 夢千夜 by 橘 偲

Up ↑